ドローンを安全に飛ばすためにぜひ知っておいてほしいことを紹介しています。

安全運航のために


ドローン操作をしてみたくても、初めてで良く操作方法が分からない場合には、ドローン講習がおすすめです。ドローンをまだ飛ばしたことのない方は、基礎講習がおすすめ。ドローンの基本となる点検確認などを学びます。

この講習がおすすめの方は、飛行許可申請の方法やドローンを業務で本格的に活用する方、ドローン飛行の仕組みや法律を知りたい方、知識をしっかりと身につけたい方などです。この講習は、国土交通省が認定する操縦技能証明証も発行される講習が多いため、発行手数料も含んだ講習料となっています。この操縦技能証明証とは、ドローン操作の基本的な技能と知識を有した方に発行されるもので、多くの場合が2日間程度の机上での知識講習と実習体験の複合型の講習スタイルとなっています。

また、同じようなタイミングで受講するのが多いのが、安全運航管理者証明です。これは、安全な飛行ルートの策定など、ドローンが安全に飛来できるように管理する人に与えられる証明書です。今後、ますますドローン需要が大きくなってきたときに、安全運行管理者証明にかかる知識があれば、慌てることなくドローンの運行に携わることができるでしょう。以上の様に、ドローン飛行に今後力を入れていきたい方の資格になりますので、積極的にドローンに関する講習を受けてみてはいかがでしょうか。